Loading Content...

Work in progress : 進行中の作業を意味し、ここでは創作の過程を公開することを指します。

2020年春、5月28日からの公演を中止しました「外の道」は、1年間延期をしまして、2021年5月28日からの上演を予定しています。創作は続行してワーク・イン・プログレス(WIP)に移行。遠回りして作品の深堀りを始めました。

6月、緊急事態宣言による劇場封鎖が解除になり、お客様のいない劇場で、創作の途中までを記録しました。なるべくそのままに、素材感を残したまま公開しました。
演劇が成立するための条件→ 俳優と観客がいること。ですが、お客様がそこにいませんので、「いると成立しないもの」を探ってみよう、という意図もあります。

お送りいただいたご意見やご感想をフィードバックしながら、そのあと発酵していくものを公開しています。

今は、自分たちの足もとを掘っていくとどこへ行くのか、と「金輪町コレクション」というのを始めております。
ほとんどのイキウメの作品の舞台になっている町、「金輪町(こんりんちょう)」についての取材と調査です。物語世界から地図やジオラマを起こして、研究発表。甲・乙・丙と3つのプログラムに分けて、WEB、劇場でのLIVE、アーカイブ配信、いろいろな形態で発信してみます。(イキウメ *追記2021年2月)

 

「外の道」ストーリーライン

春、金輪町。

宅配便ドライバーの寺泊は、ある日伝票の品名に「無」と書かれた箱を届ける。
なにか不吉なものを感じ、そのことが心にひっかかっていた。
寺泊にはもう一つ気がかりなことがある。
それは妻が最近、とても美しく見えるのだ。
その変化は常軌を逸しており、寺泊は妻への接し方が分からなくなっていく。

 

一方、その荷物を受け取った山鳥芽衣は、空っぽの箱から自宅に侵入した無が、次第に大きくなっていくような気がしていた。
そしてある日、その無から一人の青年が生み出される。
困った芽衣は、箱の送り主を探すことにする。
寺泊は芽衣の連絡を受け、協力する。

二人が伝票の情報をたどって行くと、公園で炊き出しをしている謎の男にたどり着く_。

「外の道」W・I・P

前川知大(作・演出)、浜田信也 安井順平 盛隆二 森下創 大窪人衛 / 池谷のぶえ 薬丸翔 豊田エリー 清水緑(俳優)、谷澤拓巳(ドラマターグ)、坂田厚子(制作)、中島隆裕(プロデューサー)、今村あずさ(衣裳)、西川直子(ヘアメイク)、下司尚実(ステージング&トレーニング指導)、佐藤啓(照明)、青木タクヘイ(音響)、土岐研一(美術)、かみむら周平(音楽)、大澤遊(演出助手)、鈴木成一(宣伝美術)、岡﨑乾二郎(アートワーク「ぶっきーさん」1997)、田中亜紀(写真)、ウラモトユウコ(画・金輪町)、かざまりさ(画・観光協会マップ)、吉實恵(画・GALLERY)、鈴木三枝子(音響操作)、溝口由利子 櫛田晃代(照明操作)、宍戸円 谷澤舞(制作部)、木内賢(WEB)、油谷真一 浜田和枝(撮影収録)、阿部のぞみ(字幕)
助成:公益財団法人セゾン文化財団
ご協力ありがとうございました→東京芸術劇場(シアターイースト)、白水社、清水葉月、中村まこと 、岩本幸子、伊勢佳世、村川絵梨、松岡依都美、市川しんぺー、東野絢香、橋本ゆりか、揮也(敬称略)

Contact Us(ご意見はこちらからどうぞ。)